加齢とともに実感する健康の基本とは

私は50代の男性会社員ですが、最近、年を重ねるとともに健康の大切さを実感するようになりました。自分が中高年になって改めて痛感することは、足腰の大切さです。もしも足や腰が痛み出したりしたら、この年になるとなかなか治らないのです。それは健康上、本当に大きなマイナスになってしまうということです。これは、若い頃には実感としては分からなかったことです。若い頃は肉体的にも元気なので、足腰の異常などはすぐに治ったものでした。しかし、この年になるとそうもいかないのです。足や膝が痛くなると運動不足が加速され、メタボにもなりやすくなります。体重が増えると、ますます動くのがおっくうになり、足も膝も痛くなるのです。実際、私もそんな悪循環に陥ってしまっています。これは本当に不健康な状態です。とにかく、足腰の健康は、体全体の健康の要です。そのことを、もっと若い頃から自覚してしておくべきだったと私は後悔しています。今、遅ればせながらも足腰の健康を重視するようになりました。

視力回復に良い食べ物

現在は、インターネットの普及によって、スマートホンやパソコンなどをよく使うようになりました。
仕事でもパソコンがあるのが当たり前になっていますし、パソコンが使えないと仕事が出来ないということもあります。
また、スマートホンで、友人たちとコミュニケーションや連絡を取ったりします。
そのため、目を酷使してしまい、眼精疲労になったりすることも多いのです。
眼鏡を掛けるほど視力が悪くなってしまい、病院の健康診断でも指摘されるケースもあるようです。
視力回復のためには、目に良い食べ物をとるようにしましょう。
目に良い食べ物としては、トマト、カシス、ブルーベリー、ほうれん草、緑茶、牡蠣などがあります。
どれも視力回復に効果があり、身体にもとても良いので、出来るだけ摂取するようにしましょう。
また、視力回復のためには、パソコンやスマートホンをあまり使いすぎないこと、休憩を必ず取るようにしましょう。
視力を回復するということは、身体の機能向上にも繋がります。
身体の免疫力を上げて、健康に過ごしましょう。

炭水化物抜きダイエットは健康に害

炭水化物抜きダイエットは健康に害になってしまいますので辞めるようにしなければならないです。
炭水化物をとらないダイエット法で体重が順調に減るためにちょっと広まっていますけど、炭水化物は我々にとってはエネルギーの源になってきます。もし、炭水化物を抜いている生活をしていると疲労もたまりますし、仕事をしていてもうまく体が動かないですので仕事には支障がでてしまいます。
気分も悪くなったりしますので体に悪影響をもたらす可能性が非常に高いです。たしかに体重は減っていきますけど、その代償は大きいですので辞める必要があります。いくら痩せても体に悪影響がでるダイエットはお勧めできないです。すぐに痩せたいのは分かりますけど健康的にダイエットをしていかないとのちに響いてきます。また、ストレスもたまってきますので炭水化物抜きダイエットではなくて他のダイエットを検討していきます。健康を考えるのであれば運動を取り入れて食事制限などは適度にした方が良いです。

視力回復には眼球筋肉のトレーニングを

近視、カスミ目、疲れ目の原因は様々あります。

パソコンや事務作業、過度な読書、またはその環境、食生活などです。
眼球には毛細血管が張り巡らされており、

血液の流れが悪くなると色んな不具合が出てきます。

よく目にいい食品やサプリなどがありますが、

これらは毛細血管を拡張させたり、強化することで目の障害を取り除く、という方法です。

確かに効果はあり、多少の改善にもなりますが、これは根本治療にはならないのです。

菌やウィルスを除いた眼病の多くは眼球筋肉の疲れと衰え、そして凝り、が原因です。

目の筋肉と言っても特別なものでは無く、他の体の筋肉とメカニズムは同じです。

体の筋肉もスポーツで良く動かす人は肩こりなどは殆ど無く、

デスクワークでワンパターンな動きを長時間する人に肩こりが多いのです。

体力の消費もスポーツをする人の方が圧倒的に多いにも関わらず

「疲れ」を訴える人は運動不足の人の方が多数です。
目の筋肉も同じであり、使いすぎて疲れ、凝り固まった眼球の筋肉も

大きく動かせるストレッチで凝りをほぐし、

血流を上げることによって根本治療に繋がります。

 

軽度な近視の視力回復

視力が低下してしまえば、視力の回復にはレーシックしか無いように思われますが、

 

軽度の近視であれば、トレーニングやマッサージなどで回復する可能性は十分にあります。

 

仕事や勉強などで常に目を使っている状態では疲労もたまります。

 

遠くの物や近くの物を見るときには毛様体筋が調整をしてくれますが、

 

近視の人は適正な働きをしてくれなくなります。

 

軽度の近視であればトレーニングをすることが有効です。

 

近くの物と遠くのも物を交互に見ます。近視の人は遠くの物がぼやけてしまうのですが、

 

遠くの物を見るトレーニングも有効です。

 

夜空の星を見ると効果があります。

 

日頃の生活で目を酷使してしまう人は適度に休憩をとったり、

 

マッサージをすると良いです。

 

目の周辺には多くのツボが存在しており、疲れ目等に効果があります。

 

ツボ押しやマッサージはいつでも手軽にできるので、

 

目が疲れたと感じれば実施すると良いです。

 

現代はパソコンやスマートフォン、タブレット等が普及しており、

 

電子画面を長時間見続けることが多くなりがちです。

 

重度の視力低下にならないうちに、

 

トレーニングやツボ押しで視力の回復をはかると良いです。

 

口コミ 視力回復するために10万の機械を買った

 

私は凄く子供のころから視力が悪かったのです。大人になってコンタクトレンズをしてい

ました。

子供が生まれて、テレビゲームをやりだしてから子供の視力はどんどん悪くなっていきま

した。

 

小学校3年生のときに、先生から黒板の字が見えていないようなのでめがねを作ってく

ださいと言われました。

 

私は子供にめがねをかけさせるのは、嫌だなと思っていました。それは子供の近視って

めがねをかけると

 

悪くなっていくような気がしていたからです。

 

私はうちから電車に乗り、視力回復することで有名な会に子供と一緒に行きました。

 

そこは小さなビルの1室でしたが、機械を目に当てるだけで視力が回復するというもので

した。

 

私はその機械を10万円出して購入しました。子供に朝と夜に目に当てて寝ていました。

 

その機械を当てた直後は凄く見えると喜んでいました。

 

でもその機械を朝と夜に自分から進んで当てることがなくなり、その機械も放置するよう

 

になりました。

 

もったいないことをしました。